コラム

タグ : 沖縄県知事選

<第25回> 沖縄県知事選挙 「さよなら仲井眞さん ようこそ翁長新知事」

師走の日本列島では先の沖縄県知事選の結果を吹き消すかのように、衆院解散総選挙の嵐が吹き荒れているが、こんな最中でも沖縄では8年ぶりに知事の交代が行われる。

<第24回> 沖縄県知事選挙 これが翁長氏の就任前の初仕事だ

―辺野古移設の許認可問題は仲井眞知事と直談判で当れ―  今日は11月15日、今朝は沖縄県知事選挙の投票日を明日に控えて、その情報分析を急いでいたところ、突然、朝日新聞の木村伊量社長辞任のニュースが飛び込んできた―――。

<第23回> 沖縄県知事選挙 告示日に見た選挙結果の展望

中央政界では連日のように閣僚達による「政治と金」の問題が次々と発覚し、国会ではあのような形で非生産的な議論ばかりが交わされているが、沖縄県では全国的にも注目されている知事選挙が告示され、告示前から天下分け目の大決戦が展開されている。

<第22回> 沖縄県知事選挙 仲井眞弘多立候補予定者に問う

 1867年(慶応3年)土佐藩士の坂本龍馬は尊皇倒幕の勢いが強まる中「幕府を支持する藩はまだ多い、無理に武力で討伐しようとすれば内乱が起きるし、そうなればイギリスやフランスの外国勢が干渉してくる。従って平穏に事態を解決したい-」

<第21回> 沖縄県知事選挙 翁長雄志立候補予定者に問う

今月30日はいよいよ注目の沖縄県知事選挙が告示される。  かつてなかった選挙構図の中で、誰がどのように動くかも大いに関心がある。

<第19回> 11月沖縄県知事選

「日米安保が国民にとって必要ならば、その負担も国民全体で負うべきではないか、戦後五十年余り、沖縄にだけ犠牲を強いて、いったい沖縄県民はいつまで我慢すればいいと言うのか。」 これは、大田昌秀元知事の在任中の象徴的な発言の一部である。

PAGETOP
Copyright © 閣文社 All Rights Reserved.