コラム

タグ : 辺野古裁判

<第49回> 「裁判和解」に見る安倍首相の政治手法

 安倍晋三首相は就任早々から、集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、安保関連法案の法制化とその施行を急ぐなど、一見して狼突猛進形の政治のように見えるが、しかし、必ずしもそうとばかりは言えない。

<第48回> 辺野古裁判の雑考雑感

 沖縄の米軍基地問題は依然として辺野古裁判のことで全国的にも注目されている。 昨日(2月29日)の衆議院予算委員会でも維新の江田氏は自らが橋本総理の秘書官だった頃を思い出したのか、「橋本総理は17回も沖縄の大田知事と会談を重ねた」と安倍総理に詰め寄ったが、安倍総理からは「会えばどうにかなる。何とか見通しが立つのであれば何度でも合いますよ」とたたみ返された。

PAGETOP
Copyright © 閣文社 All Rights Reserved.